【15社から厳選】洋画を観たい人にオススメの動画配信サービス【2022年版】

「洋画をたくさん観たいけど、どの動画配信サービスがいいか分からない」と悩んでいませんか?

山下部長
山下部長

このページでは、15社以上の動画配信サービスを利用してきた筆者が、洋画を観るのにオススメな動画配信サービスを紹介します。

洋画を中心に動画配信サービスを選ぶ2つのポイント

山下部長
山下部長

洋画を中心に観たい場合は以下の2つのポイントからサービスを選びましょう!

選ぶポイント
  • 字幕で観たいか・日本語吹替で観たいか
  • 旧作から最新作まで幅広く観たいか

ここからは各ポイントについて詳しく解説していきます。

1.字幕で観たいか・日本語吹替で観たいか

山下部長
山下部長

洋画のジャンルでどの動画配信サービスを利用しようか迷っている場合、あなたが字幕派か吹替派かによってマッチするサービスが違ってきます。

というのも、動画配信サービスによっては吹替で配信している作品が極端に少ないものがあります。

同じ作品でも、サービスによって字幕版のみしか配信していないなど状況は様々です。(洋画ですから、配信されている作品は字幕版のほうが多いのは間違いありません)

田中くん
田中くん

吹替派の人は、少しでも多く吹替版を配信している動画配信サービスがいいよね。

2.旧作から最新作まで幅広く観たいか

洋画に限らずですが、一般的に動画配信サービスでは新作は都度課金(レンタル)という形で配信されることがほとんどです。

動画配信サービスに配信するまでの流れ
山下部長
山下部長

「新作は見放題になるのに時間がかかる=全てが見放題のサービスは新作の配信が遅い」ということでもありますね。

そこで重要になってくるのが、レンタルなどの有料作品に対しポイントなどで料金を軽減、もしくは無料で観ることができるような特典があるかということです。

特典の例

例えばU-NEXTは毎月有料作品のレンタルに使えるポイントが1,200円ぶん貰えます。
こうした仕組みがあれば、新作も気軽に楽しみやすいです。

全ての作品が見放題という動画配信サービス(HuluやNetflix)は追加料金がかからないというメリットがありますが、最新作はほとんど配信されないなどのデメリットもあります。

山下部長
山下部長

最新作も観たいのか、旧作を見放題でたくさん観たいのか、それによって選択する動画配信サービスは違うので注意しましょう。

【厳選5社】洋画を観るのにオススメの動画配信サービス

山下部長
山下部長

ここからは私が実際に利用してみて、洋画を観るのに最適だと感じた動画配信サービスをご紹介します!

サービス名
(画像タップで公式サイトへ)
特徴
洋画の見放題作品数が多い
毎月もらえるポイントで新作も見やすい
マイナー作品もそこそこアリ
マーベルやディズニーを観たいなら
オリジナル作品も豊富
価格が安い
日本語吹き替えが多い
価格が安い
メジャーなタイトルはおさえている
プライム特典が利用できコスパが良い
オリジナル作品が面白い
それ以外は古いものが多め

人によって観たい作品が違うので、自分に合っているか確認するためには実際に使ってみるのが手っ取り早いです。

「U-NEXTdTV」「プライム・ビデオ」には無料体験があるので、気軽に試してみるのがオススメです。

サービス名公式サイト
U-NEXThttps://video.unext.jp/
Disney+(ディズニープラス)https://www.disneyplus.com/
dTVhttps://pc.video.dmkt-sp.jp/
プライム・ビデオhttps://www.amazon.co.jp/
Netflixhttps://www.netflix.com/jp/
山下部長
山下部長

次に、各サービスのメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

U-NEXT【作品数や使いやすさ重視の人に】

月額料金
(税込)
2,189円
コスパ66円/日
無料お試し31日間
見放題作品数約22万本
同時再生可能
端末数
4台
ダウンロード機能あり
支払い方法クレジットカード
キャリア決済
楽天ペイ
AppleID(iOSアプリからのみ)
Amazonアカウント
U-NEXTカード/ギフトコード
対応デバイスWindows / Mac
iPhone/iPad
Android
Chromecast
fire TV
Apple TV
U-NEXT TV
スマートテレビ
PS4/5
Meta Quest2
対応レコーダー
公式サイトhttps://video.unext.jp/

U-NEXTは見放題作品が220,000本以上と、動画配信サービスの中でもトップクラスの配信数を誇ります。

洋画の配信数は約7,000本と多く、マイナーな作品も多く配信しています。また、最新作のレンタル開始も早いのが魅力。

メリット
  1. 見放題動画の配信数が22万本と豊富
  2. 有料作品のレンタルや電子書籍、映画館のチケット購入に利用できるポイントが毎月1,200円ぶん付与
  3. マンガやラノベ、小説など520,000冊以上の電子書籍が楽しめる
  4. 電子書籍を購入した際の最大40%ポイントバックがオトク
  5. 最新作の配信が早い(レンタルビデオ店より早い場合あり)
  6. ファミリーアカウントの利用で最大4デバイスでの同時再生が可能
  7. アニメの見逃し配信が便利
デメリット
  1. 料金が他社に比べて高め
  2. U-NEXTのオリジナル作品は少ない
  3. 再生に対応したゲーム機が少ない

U-NEXTのデメリットは他のサービスに比べて料金が高めなことです。

とはいえ、新作のレンタルに使えるポイントが毎月1,200円分もらえるなど、デメリットを上回るほどのサービスがU-NEXTにはあります。

ポイントをフルに利用すれば決して高い料金ではないと思うので、動画配信サービスをガンガン利用する人にオススメのサービスです。

山下部長
山下部長

料金は高めですが、その分サービスの質が高いです。私がメインで利用している動画配信サービスです!

31日間無料体験あり

Disney+(ディズニープラス)【MARVEL作品やスター・ウォーズを観たい人に】

料金(税込)990円(月払い)
9,900円(年払い)
コスパ約32円/日
無料お試しなし
見放題作品数16,000本以上
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード機能あり
支払い方法クレジットカード
PayPal
パートナー決済
対応デバイスWindows / Mac
iPhone/iPad
iPod Touch
Android
Fire TV
Chromecast
Apple TV
スマートテレビ
PS4/5
Xbox One/Series X・S
公式サイトhttps://www.disneyplus.com/

Disney+ (ディズニープラス)」は、その名の通りディズニーが提供する動画配信サービスです。

他社では有料課金扱いとなっている、ディズニー関連映画(Pixar,MARVEL,スターウォーズ)などが見放題なのが魅力。

メリット
  1. ディズニー関連コンテンツを独占で見放題配信している
  2. マーベルやスター・ウォーズの映画も独占で見放題配信
  3. 映画のスピンオフやオリジナル作品も豊富
  4. 4K HDR対応で画質が良い
  5. 複数デバイスでの同時再生が可能で、家族利用がしやすい
  6. 年間プランの契約で15%安くなる
デメリット
  1. 無料体験がない
  2. 日本のオリジナル作品はまだまだ少ない
  3. デバイスによってはUIが使いづらい

更に20世紀スタジオの映画も見放題なので、エイリアンやプレデターといった往年の名作も視聴できます。

無料体験期間が無い点がデメリットですが、MARVELやスターウォーズなどを楽しみたい人にはオススメです。

山下部長
山下部長

オリジナルドラマなども面白いですよ!マーベル映画との繋がりもありますし。

月額990円(税込)で見放題!

dTV【料金を抑えて多くの作品を観たい人に】

月額料金
(税込)
550円
コスパ18円/日
無料お試し1ヶ月間
見放題作品数約12万本
同時再生可能
端末数
1台
ダウンロード機能あり
支払い方法クレジットカード
ドコモ電話料金との合算払い
視聴用シリアルコード
giftee
プリペイドカード
dポイント
Apple Store/Google Play
↑割高なので注意
対応デバイスWindows / Mac
iPhone/iPad
Android
Chromecast
fire TV
Apple TV
ドコモテレビターミナル
スマートテレビ
対応レコーダー
公式サイトhttps://pc.video.dmkt-sp.jp/

dTVの見放題作品の配信数は120,000本以上と、見放題作品のみに限定するとトップクラスの配信数です。(ほとんどが音楽ジャンルですが・・・)

洋画の見放題配信数は1,200本と普通ですが、吹替に対応している作品も多いので吹替派には嬉しいサービスです。

メリット
  1. 月額料金がワンコイン程度で安い
  2. 日本語吹き替えに対応した作品が多い
  3. ライブ映像など音楽ジャンルが豊富
  4. dポイントで支払いができる
デメリット
  1. 見放題対象が音楽ジャンルに偏りすぎ
  2. 深夜アニメは別サービスの「dアニメストア」の方が充実している
  3. レンタル作品の料金が高め
  4. 複数デバイスでの同時視聴ができない

また「dポイント」を料金の支払いに使えるのもドコモ運営ならではのメリット。

dTVは料金に対して見放題作品がそれなりにあるのでコスパがいいサービスと言えるでしょう。

山下部長
山下部長

dTVは料金を安く抑えつつ見放題作品をたくさん観たい人や、吹替で観たいという人にオススメです。

初月無料体験あり

Amazonプライム・ビデオ【はじめて動画配信サービスを利用する人に】

一般料金
(税込)
500円(月払い)
4,900円(年払い)
学生料金
(税込み)
250円(月払い)
2,500円(年払い)
コスパ15円/日
無料お試し30日間
見放題作品数約10,000本
同時再生可能
端末数
3
ダウンロード機能あり
支払い方法クレジットカード
キャリア決済
後払い(ペイディ)
Amazonギフト券
JCB Oki Dokiポイント
PayPay
対応デバイスWindows / Mac
iPhone/iPad
iPod Touch
Android
Chromecast
Apple TV
Roku
スマートテレビ
対応Amazonデバイス
PS3/4/5
Xbox One/Series X・S
対応レコーダー
Oculus(VR)
Pico G2 4K(VR)
公式サイトhttps://www.amazon.co.jp/

プライム・ビデオ』は通販でおなじみのAmazonが展開している動画配信サービスです。

Amazonの有料会員である”プライム会員”の特典の1つとして運営されており、プライム会員は対象作品を全て見放題で視聴することができます。

メリット
  1. 月額料金がワンコイン程度で安い
  2. プライム会員特典の1つなので、他の特典も利用できる(書籍の読み放題など)
  3. 幅広いジャンルの取り扱いがある
  4. Amazonオリジナルで面白いバラエティなどを配信している
  5. ダウンロード機能、シームレス再生が便利
  6. 対応デバイスが豊富
デメリット
  1. 見放題対象の作品数は少なめ
  2. 見放題作品の入れ替えが激しい
  3. 倍速再生・速度調整に非対応
  4. Amazon通販と一緒のサイトなのでゴチャゴチャしている
  5. 再生前に広告が流れることがある

洋画は知名度が高い作品が見放題に多く指定されており、マイナー作品はレンタル課金が多くなっています。

デメリットは見放題で視聴できる作品が少ないことで、見放題作品のみで比べてしまうと他社よりも見劣りしてしまいます。

とはいえ気軽に利用できる料金が魅力的で、動画配信以外のサービスも充実しています。

山下部長
山下部長

動画配信サービスを気軽に利用してみたい人や、普段からAmazonを利用する人にオススメです。

30日間無料体験あり

Netflix【オリジナル作品を観たい人に】

月額料金
(税込)
広告付きベーシック:790円
ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
コスパ40円/日
(スタンダードプラン)
無料お試しなし
見放題作品数推定7,000タイトル
同時再生可能
端末数
ベーシック : 1台
スタンダード : 2台
プレミアム : 4台
対応画質ベーシック : SD
スタンダード : HD
プレミアム : 4K UHD
ダウンロード機能あり(広告付きベーシックは無し)
支払い方法クレジットカード
Netflixプリペイド・ギフトカード
パートナー経由の支払い
PayPay
対応デバイスWindows / Mac
iPhone/iPad
Android
Chromecast
fire TV
Apple TV
Roku
スマートテレビ
PS3/4/5
Xbox 360/One/Series X・S
対応レコーダー
公式サイトhttps://www.netflix.com/jp/

Netflix最大の特徴は大作映画にも引けを取らないクオリティのオリジナル作品ですね。

Netflixは他社と差別化を図るために、劇場公開映画の配信よりもオリジナル作品の制作に力を入れています。

メリット
  1. 料金プランが4つから選べる
  2. プレミアムプランだと4K HDRに対応しており画質が良い
  3. オリジナル作品のクオリティが高い
  4. UIが使いやすい
  5. イントロをスキップできる
  6. キッズプロフィールで子どもにも安心
デメリット
  1. 一般作は少なめに感じる特に邦画や国内ドラマ)
  2. 料金設定が高め
  3. 無料体験期間がない

オリジナル作品がメインのため、一般の映画を観たい人は物足りなさを感じるかもしれません。

そのため、Netflixは洋画を楽しみたい人の中でもオリジナル作品を観たい人向けのサービスだと言えるでしょう。

山下部長
山下部長

Netflixオリジナルはネトフリでしか見られないので、それ目当てなら良いと思います!

無料体験がないので注意

【選べない人向け】悩んだ場合におすすめのサービス

山下部長
山下部長

悩んだ場合におすすめなのが、最も見放題配信数が多い「U-NEXT」です!私もメインで利用中です。

U-NEXT』はとにかく他社よりも配信数が多いので観たい作品に出会える可能性が高いぶん、多くの人にマッチすると思います。

私もかれこれ5年利用しており、観たい作品があればとりあえずU-NEXTで探してみて、無ければ他社という流れで活用しています。

31日間無料体験あり

とはいえ、人によって合う合わないがありますので、実際に試してみるのが1番手っ取り早いです。

山下部長
山下部長

U-NEXT、dTV、プライム・ビデオには無料体験期間があり、満足できない場合は無料期間内に解約すれば料金は一切かからないので、気軽に利用するのが良いですね。

サービス名公式サイト
U-NEXThttps://video.unext.jp/
Disney+(ディズニープラス)https://www.disneyplus.com/
dTVhttps://pc.video.dmkt-sp.jp/
プライム・ビデオhttps://www.amazon.co.jp/
Netflixhttps://www.netflix.com/jp/
山下部長
山下部長

最後に、今回紹介したサービスの特徴をおさらいしておきます!

サービス名
(画像タップで公式サイトへ)
特徴
洋画の見放題作品数が多い
毎月もらえるポイントで新作も見やすい
マイナー作品もそこそこアリ
マーベルやディズニーを観たいなら
オリジナル作品も豊富
価格が安い
日本語吹き替えが多い
価格が安い
メジャーなタイトルはおさえている
プライム特典が利用できコスパが良い
オリジナル作品が面白い
それ以外は古いものが多め

あなたへのおすすめ

【全15社】動画配信サービスを実際に試して比較!おすすめランキング【2022最新版】

※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は各VODサービス公式サイトにてご確認ください。