【ギガ不足】動画配信サービスで速度制限にならない3つのコツ【通信量を節約】

通信量の節約方法_サムネイル

#この記事を書いた人

VODおじさん

山下部長

プロフィール

映画好きが高じて動画配信サービスを鬼のように契約している山下部長です。
守備範囲はZ級〜名作映画まで。サメ映画が好き
継続契約中:U-NEXT、PrimeVideo、Hulu、Netflix、DAZN、dTV
@life_sukima LINE

U-NEXTやNetflixなどの動画配信サービスを利用しようと思っていて気になるのが通信量だと思います。

山下部長
実際、外出時などにスマートフォンで動画を観ていると、あっという間に通信量を使いすぎて速度制限がかかってしまうこともありました。

そこで今回は、動画配信サービスを利用している人や検討中の人に向けて、速度制限の対策方法について解説します。

【前提】動画配信サービスの通信量はとても多い

田中くん
外出時にスマホでVODを利用したいけど通信量が気になるな・・・
山下部長
たしかにスマホで動画を見続けると通信量が凄いことになりますよね。動画配信サービスはストリーミング再生が基本なので仕方ないですね。
ストリーミング
主に音声や動画などのファイルを転送・再生する方法の1つです。端末にデータを保存しないため、ストレージ容量を使わないのが大きなメリットです。

ストリーミング再生には上記のようなメリットがありますが、常時の通信が必要なため通信環境が悪いと途中で動画や音声が途切れたりすることがあります。

また、通信量が多いためWi-fiなどに接続していないとすぐに速度制限にかかってしまいます。


これはiOSのAmazonプライムビデオのアプリの設定画面ですが、最高画質にすると1時間に約5.8GBもの通信量がかかります。
スマホの契約によりますが、最高画質で1本映画を見たらほとんどの人が速度制限にかかってしまうことになります。
山下部長
高画質で視聴するほど、通信量が多くかかることが分かりますね。
田中くん
スマホなど小さい画面で見るときは画質を少し下げてもいいかもね。

動画配信サービスで通信量を抑える3つの対策方法

田中くん
やっぱり外出時に動画配信サービスは利用しないほうがいいのかな?
山下部長
動画配信サービスはいつでも、どこでも見れるのがメリットなので、外出時でもガンガン利用したいですよね。
動画配信サービスによっては通信量を気にせず利用できる機能がありますよ!

ここからは、動画配信サービス利用時に通信量を抑える方法を3つ紹介します。

方法1.ダウンロード機能を使う

山下部長
一部の動画配信サービスにはダウンロード機能があります。
ダウンロード機能
視聴したい動画をあらかじめスマホやタブレットにダウンロードしておき、視聴したい時にデータ通信をすることなく視聴することができる機能です。
ダウンロード機能
ダウンロード機能を使えば、通信ができないトンネル内や圏外の状態でも再生が可能です。

iOSのAmazonプライムビデオのアプリで動画をダウンロードした様子です。
ダウンロードした動画はオフライン再生することができますが、視聴期限を過ぎるともう一度オンライン状態にしない限り視聴することができなくなります。
田中くん
通勤時などのスキマ時間に見たい動画は、あらかじめダウンロードしておくことで通信量を気にすることなく見ることができるんだね!
山下部長
ただし、ダウンロードする時は通信量がかかってしまうので、自宅などの通信量を気にしない環境でダウンロードすることをオススメします!

また、当然ですが「ダウンロードをする = 端末にデータを保存する」ということなので、スマホなどのストレージ容量を圧迫します。

これくらいの容量を使う
ワイルド・スピード/MEGA MAX (2時間10分)・・・744.1MB
ペット2 (1時間26分)・・・312.9MB

ダウンロードする画質によってはもっと容量が大きくなってしまうので、ダウンロードする前に空き容量を確保しておきましょう。

とはいえ、見終わったら消せばいいので、こまめに入れ替えをすればそこまで気にする必要はありません。

2.自宅に居る時はパソコンやテレビで視聴するかWi-Fiを使う


多くの動画配信サービスはマルチデバイスに対応しているので、パソコンやスマホ・タブレットはもちろん、ゲーム機を通してテレビで視聴することも可能です。

自宅では固定回線が引いてあり、通信量を気にせずインターネットを楽しめるという人は多いと思います。

山下部長
その場合はパソコンやテレビでの視聴をうまく活用して、速度制限がかかるような携帯回線などは使用しないようにしましょう。
失敗談
私は外出時にモバイルWifiを利用しているのですが、帰宅後にモバイルWifiのネットワークに接続したまま動画配信サービスを見てしまいました。その結果、月初にも関わらず1ヶ月ぶんのギガを使い果たしてしまいました・・・

3.再生画質を落とす

田中くん
見たい動画があったんだけどダウンロードしてくるのを忘れちゃった・・・
山下部長
もしそうなったら再生画質を落としてみるのも1つの手ですね!

前述しましたが、再生画質が高いほど通信量も大きくなってしまいます。

そのため、なるべく通信量を抑えたいのであれば再生画質を落とす工夫をしてみましょう。

通勤しながらスマホを見る男性
スマホのような小さい画面で観る場合は、SD画質(DVD相当)でもそこまで気になりません。

最近の動画配信サービスでは高画質配信に対応している作品も増えてきました。HDやフルHD、中には4Kに対応している動画もあります。

元々が高画質なので、少し画質を下げても問題なく視聴することが可能です。

画質の違いについてはこちら

HDや4Kとは?動画配信サービスにおける画質の違いを解説

ダウンロード機能がある動画配信サービスは?

田中くん
外で動画を見たい場合は、あらかじめダウンロードしておくのが良さそうだね。でも、どのサービスがダウンロードに対応しているのかな?
山下部長
ダウンロード機能があるサービスをまとめてみました!

ダウンロード機能があるVOD

動画配信サービスにはダウンロード機能があることがほとんどです。

ただ、ダウンロード機能があっても全ての作品がダウンロードできるわけではないので注意が必要です。(アダルト作品はダウンロードできないことがほとんど)

注意
ダウンロードしても、オフライン環境で視聴する際は視聴期限が設けられている場合があります。
サービスによっては全ての作品がダウンロードできるわけではありません。

通信量の節約が難しい場合の対処方法

田中くん
どうしても外出時に動画配信サービスを利用したいんだけど、通信量の節約が難しい場合はどうすればいいかな?
山下部長
端末の容量的に作品のダウンロードが難しい場合もありますよね。そんな時は契約しているスマホを他社に乗り換えたり、プランの見直しをするのも1つの手です。

最近では、キャリア各社が動画配信サービスの利用を前提としたプランを用意しています。

例えば、ソフトバンクの『メリハリPLAN』はデータ容量が毎月50GBに加え、対象の動画・SNSサービスならデータの消費がありません。

メリハリPLANの対象サービス
動画配信サービスだと、AmazonプライムビデオやHulu、TVerなどが対応しています。

ちなみに、動画配信サービスを観るのに適したプランがある携帯キャリアへ変更したいと思った場合、『スマホ乗り換え.com』などのキャッシュバックを行っている正規代理店から申し込む方がおトクです。

山下部長
特にHuluやAmazonプライム・ビデオを日頃から利用している人は、動画をいちいちダウンロードする必要がなくなるので便利ですね!

【まとめ】あらかじめ通信量をどうするか考えておこう

この記事のまとめ
  • VODサービスは通信量が多いため速度制限になりやすい
  • 再生画質によって通信量は大きく違う
  • 速度制限対策として、ダウンロード機能を使う
田中くん
速度制限にならないためには、事前に見たい作品をダウンロードしておけば安心だね!
山下部長
そうですね!ダウンロード機能は飛行機の中など電波を入れられない時でも有効ですよ!

© Warner Bros.

常に2~3本の作品をスマホに入れておけばスキマ時間を有効活用できるのでオススメです。(私はオーストラリアに行く飛行機の中でハング・オーバー!3部作を一気に見ました)

あなたへのおすすめ

動画配信サービスの通信環境改善にはGMOとくとくBBがおすすめ_サムネイル【結論】動画再生の速度改善にはGMOとくとくBBがおすすめ【止まる・途切れる】 【全15社】動画配信サービスを実際に試して比較!おすすめランキング【2020最新版】