【動画配信サービス VODとは?】15社使った筆者が良いところ・悪いところを徹底解説!

VODとは_サムネイル

この記事で解決できる疑問

  • 「動画配信サービス(VOD)」ってどんなサービスなの?
  • VODのメリットは?
  • VODのデメリットは?

動画配信サービスを鬼のように契約している山下部長 @life_sukimaです。

みなさんは動画配信サービス(VOD)というサービスをご存知ですか?

最近CMでよく見る「Amazonプライム・ビデオ」「U-NEXT」や「Netflix」なども動画配信サービス(VOD)に含まれます。

このページでは「VODってなに?」という人に向け、VODサービスについてわかりやすく解説していきたいと思います!

動画配信サービス(VOD)とは?

田中くん

最近話題になっているVODってなに?

山下部長

VODとは、Video On Demand(ビデオ・オン・デマンド)の略です。

VOD
動画配信サービス(VOD)とは、ユーザーが視聴したい時に様々な映像コンテンツを提供するサービスのことを言います。(月額見放題が多い)
スマートフォンの普及と通信技術の進歩によって、動画配信サービスの市場が急成長しています。
参考 定額制動画配信の'17年利用者は1,190万人。Amazon最多、2位Hulu。ICT総研調査AV Watch
田中くん

動画配信サービスってそんなに利用している人がいるの!?気になる…

山下部長

動画配信サービスは月額料金を支払ったり・視聴したい映像ごとに課金することで、様々なジャンルの動画をインターネットを通して視聴できるサービスです。

基本的に動画配信サービスは月額料金制の場合がほとんどです。(だいたい¥500~2,000の料金幅)

お金を払って利用する訳ですので「映画もドラマもあんまり興味がないから全然見ないよー」という人には、正直あまりオススメできません。

田中くん

インターネットを通してってことは、パソコンやスマホから見れるってこと?

山下部長

そうですね。タブレットでも見れますし、ゲーム機などを接続してテレビでも楽しめますよ!映画やドラマが好きな人には最高のサービスですね!

動画配信サービス(VOD)の良いところ・メリット

山下部長

ここからは動画配信サービスのメリットやデメリットを解説します。

1.いろんなジャンルの動画をたくさん見れる

動画配信サービスを提供する会社は様々ありますが、利用するサービスにより料金や配信作品数などに違いがあります。

月額料金を払うことにより、配信している動画を見ることができるというところはあまり変わらないでしょう。(新作など別途料金のかかる動画もあります。)

山下部長

最近よく聞く「U-NEXT」や「Amazonプライム・ビデオ」も動画配信サービスの1つです。例えば「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で利用できる動画配信サービスで、およそ90,000本の動画が見放題です!

田中くん

90,000本!?とても全部は見きれない…

VODで見れるジャンルの例

  • 映画(洋画・邦画)
  • テレビドラマ(国内・海外)
  • アニメ
  • バラエティ
  • ドキュメンタリー

上に挙げたのは一例で、この他にも様々なジャンルの動画があります。

2.好きな時にいつでも動画を楽しめる

動画配信サービスはパソコンやスマホでインターネット接続されていれば、場所を問わずにいつでも楽しむことができます。

見るのを中断しても途中から再生できるので、通勤・通学時間などのスキマ時間を有効活用できますね。

田中くん

通勤の電車の中で利用したいけど、スマホで映画とか見たら通信量が多くて心配だな…

山下部長

そんな時はダウンロード機能を活用しましょう!

ダウンロード機能
ほとんどの動画配信サービスにはダウンロード機能があります。
これは見たい動画をあらかじめスマホやタブレットにダウンロードしておくことで、通信することなく動画を見ることができる機能です。
通信する必要がないので、地下鉄などの電波が届かない場所でも動画を楽しむことができます。
山下部長

ダウンロードするには通信する必要があるので、Wi-Fi環境でダウンロードしておきましょう!

3.レンタルビデオ店に足を運ばなくてもいい

田中くん

レンタルビデオ店に行くと、いつも借りたい作品がレンタルされていて無いんだよね〜

山下部長

あるあるですね・・・でも、VODならそんな心配も無用です!

レンタルビデオ店が自宅から遠いと、それだけで手間がかかります。

しかし、動画配信サービスでは見たい作品をいつでも見れるので、返却期限も気にする必要がありません。

延滞料金も発生しないので、いつまでに見なきゃというプレッシャーも無いのが良い点ですね。

注意
動画配信サービスで配信している作品の中に見たい作品が必ずあるとは限りません。
延滞料金はありませんが、視聴期限のある動画では期限が過ぎると視聴できなくなります。

実際に利用してみてわかったオススメのVODはこちら
動画配信サービスを徹底比較_サムネイル【全15社】おすすめ動画配信サービスを実際に試して徹底比較!【2019最新版】

VODの悪いところ・デメリット

田中くん

良いことばかりのような気もするけど、悪いところもあるの?

山下部長

人によって悪い(気になる)ところはもちろんあります。

私も実際に動画配信サービスを利用していて何点か気になるところがありましたので、ピックアップして見ていきましょう。

1.最新作品はレンタルビデオ店でレンタルするより料金が高い

田中くん

見たい最新作があって、動画配信サービスで課金してレンタルしようと思ったらそこそこ料金が高かったんだよね。

山下部長

新作だとおよそ400円〜500円前後ってところですね。

動画配信サービスは月額料金内で見放題の動画と、別料金でその都度課金(レンタル)して見れる動画があります。

最新作品はほぼ、都度課金(レンタル)作品です。

都度課金(レンタル)作品
動画配信サービス(VOD)における都度課金作品とは、数百円を支払って数日間の視聴が可能になる作品です。(例:324円で2日間視聴可能など)
新作の場合はほとんど都度課金からスタートで、見放題プランに加わるには早くても半年〜1年間はかかる傾向にあります。
新作がVODに追加されるまで

劇場公開終了

Blu-ray/DVDの販売開始

Blu-ray/DVDレンタルの開始

VODで配信開始

徐々に価格が下がる

見放題作品へ

新作がまったく無い場合も
動画配信サービスによっては、配信しているすべての動画が見放題のものがあります。(HuluやNetflixなど)
レンタルして動画を買うという仕組みがないため、最新作はそのサービスではすぐに配信しないことが多いです。(ある程度時間が過ぎたら配信される可能性があります。)

2.インターネットの回線が悪いとスムーズに高画質で見れない

田中くん

動画配信サービスを利用して家で映画を見ていたんだけど、途中で再生が途切れちゃった・・・。

山下部長

インターネットの通信環境によっては、高画質で見ようとすると再生が途切れてしまうことがあります。設定で少し画質を下げるか、ネット環境を良くすることで解決できます。

最近の動画配信サービスはフルHDや4Kに対応しているサービスもあり、とにかく高画質です。元がものすごい高画質なので、画質を少し下げてもそこまで低画質にはなりません。

とはいえ、ストリーミングという特性上、動画配信サービスは通信環境に依存するサービスです。そのため、動画を見るのに十分な通信環境は必須だと言えるでしょう。

ストリーミング
主に音声や動画などのファイルを転送・再生する方法の1つです。端末にデータを保存しないため、ストレージ容量を使わないのが大きなメリットです。一方で、常時の通信が必要なため、通信環境が悪いと途中で動画や音声が途切れたりすることがあります。また、通信量が多いためWi-fiなどに接続していないとすぐに速度制限にかかってしまいます。

VODで通信量を抑えるコツはこちら
動画配信サービスと通信量_サムネイル【通信量を節約】動画配信サービス(VOD)で速度制限にならない方法をご紹介!

まとめ

この記事のまとめ
  • VODとは動画配信サービスのこと
  • 月額制で動画見放題のサービスが多い
  • VODを利用すればレンタルビデオ屋に行かなくても、映画やドラマが楽しめる
  • 最新作は見放題に追加されるまで時間がかかる傾向がある

動画配信サービス(VOD)は見たい映像があればとても安上がりで便利なサービスです。

ネット環境が整っていないと利用が難しいという面はありますが、全体としてみればメリットの大きいサービスです。

最新作が見放題に追加されるまでは半年以上かかることがほとんどですが、旧作やシリーズものを一気に見る場合や、家族でさまざまなジャンルの動画を楽しむ場合には便利ですね。

田中くん

年末年始や夏休み限定で契約して一気に見てしまうのもいいね!