マンチェスター・シティのドキュメンタリー「ALL OR NOTHING」はサッカー好きにおすすめ!

ALL OR NOTHING_マンチェスター・シティ

Amazon

動画配信サービスを鬼のように契約している山下部長 @life_sukimaです。

Amazon Prime Original(Amazonプライム会員限定の動画)で「オール・オア・ナッシング~マンチェスター・シティの進化~」というドキュメンタリー作品が配信されています。

ドキュメンタリー番組として初めてイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティに密着した作品となっており、サッカーファンは必見の作品です。

山下部長

このページでは全話を視聴した筆者が「オール・オア・ナッシング~マンチェスター・シティの進化~」の魅力や視聴方法・感想に加え、各話のあらすじをご紹介します。

「ALL OR NOTHING」の魅力・すごい所

田中くん

このドキュメンタリーを見るか迷ってるんだけど、どこが魅力なの?

山下部長

サッカーファンなら見て損は無し!以下のような魅力があります!

この作品のすごい所

  • ビッグクラブの1シーズンの全行程を追っている
  • ロッカールームでの様子や裏方スタッフの仕事などが見れる
  • 試合外での選手の様子が見れる
  • トップレベルのクラブではどのようにコンディション維持をしているか知れる
  • フロントの移籍市場での取引や会議などが見れる

見終わったら間違いなくマンチェスター・シティが好きになってしまう・・・という内容です!

予告編

「ALL OR NOTHING」はどうすれば見れる?

田中くん

サッカーファンにはたまらない内容だね!どうすれば見れるのかな?

山下部長

このドキュメンタリーは、Amazonプライム会員なら追加料金無しで見ることができますよ!

マンチェスター・シティのドキュメンタリーである「ALL OR NOTHING」を見るにはAmazonプライム会員になる必要があります。

Amazonプライム
月間または年間料金を支払うことにより、Amazonをより便利に楽しく利用できる様々なサービスを提供してくれる会員制プログラムです。
Amazonプライム会員特典
  • 会員特典対象の作品が見放題(Amazonプライム・ビデオ)
  • Amazonの通販で、お急ぎ便・お届け日指定便使い放題
  • Prime Musicで100万曲以上聴き放題
  • Amazon Photosで写真を容量無制限に保存
  • Prime Readingで対象の本・マンガ・雑誌読み放題

※ その他にも会員特典があります。

Amazonプライム会員は月額500円と格安ですが、特典が多いので普段からAmazonを利用する人にとってはお得なサービスです。

また、Amazonプライムには30日間の無料体験期間があり、サービスに満足できない場合は無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません。

山下部長

ぜひ気軽に試してみてくださいね。

\TRY NOW!/

プライムビデオを試してみる

30日間無料体験あり

Amazonプライム・ビデオのレビューはこちら
【プライムビデオ レビュー】Amazonプライム・ビデオを実際に試して口コミ・評判を検証してみた!

各エピソードのあらすじ(ネタバレ無し)

エピソード一覧
タイトル再生時間
大きな期待47分
うるさい隣人46分
冬が来た45分
消耗戦50分
ウェンブリーへの道51分
美しい試合47分
悪夢46分
勝ち点100への挑戦53分
合計時間7.3時間
山下部長

ここからは各エピソードのあらすじを簡単に紹介していきます!

エピソード1「大きな期待」

 

View this post on Instagram

 

Benjamin Mendyさん(@benmendy23)がシェアした投稿

2017年、マンチェスター・シティはペップ・グアルディオラ監督就任1年目をタイトル無しで終えた。結果を受けて経営陣は来シーズンに向け莫大な資金を費やし、カイル・ウォーカーやバンジャマン・メンディなどスター選手を獲得。そしてマンチェスター・シティにとって負けられないシーズンが始まった。だが序盤からリバプール、チェルシーなど強豪との試合が待ち受け、加入したばかりの選手もピンチを迎える。
引用元 : Amazon

エピソード1は、マンチェスター・シティの歴史の解説からスタートします。

山下部長

マンチェスター・シティの新監督は、これまでバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンとビッグクラブを率いて輝かしい成績を残してきた「ペップ・グアルディオラ」監督です!

田中くん

実績がすごいなぁ・・・これは好成績が期待できそうだね!

山下部長

いや、一筋縄ではいかないのがイングランド・プレミアリーグなんですよね。就任1年目は結局タイトルを1つも取れずに終わってしまいました・・・

その結果を受けたクラブは次のシーズン(2017-18シーズン)をどのようにスタートさせていくのか・・・という内容がエピソード1で描かれます。

エピソード1では2017年夏の移籍市場〜プレミアリーグの開幕までが描かれています。

見どころ

  • マンチェスター・シティの歴史
  • 移籍市場で莫大な金額が動く様子
  • 昨シーズンの評価と目標設定

エピソード2「うるさい隣人」

 

View this post on Instagram

 

sachu jrさん(@sajin_dev)がシェアした投稿

シーズン序盤、マンチェスター・シティが順調な滑り出しを見せる中、宿敵マンチェスター・ユナイテッドとの大一番、マンチェスター・ダービーの日が近づいていた。しかしその前には、セリエAの強豪チーム、ナポリとのUEFAチャンピオンズリーグでの対戦が控えていた。昨年は欧州でのアウェー戦で全敗のマンチェスター・シティだったが、ストライカーのセルヒオ・アグエロが流れを変える。
引用元 : Amazon

山下部長

エピソード2では、マンチェスター・シティと同じマンチェスターを本拠地とするライバル『マンチェスター・ユナイテッド』との試合、通称マンチェスター・ダービーについて語られています。

田中くん

マンチェスター・ユナイテッドは日本代表の香川選手も所属していた有名クラブだよね!

山下部長

マンチェスター・ユナイテッドを率いる「ジョゼ・モウリーニョ」監督も、かつてレアル・マドリードやチェルシー、インテルなどを率いた名将です。

山下部長

グアルディオラ監督とモウリーニョ監督はライバル関係とも報じられることも多く、それが更にダービーを熱くさせますね!

また、欧州でNo.1のクラブを決める「UEFAチャンピオンズリーグ」での戦いも始まります。

見どころ

  • マンチェスター・ダービーについて
  • モウリーニョ監督とグアルディオラ監督の比較

エピソード3「冬が来た」

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

マンチェスター・シティはクリスマスシーズンの過酷な連戦に突入した。グアルディオラ監督はチームの好調を維持しようと気を配る。そんな中、ダビド・シルバは予期せぬ個人的な問題を抱えていた。グアルディオラ監督は大晦日のクリスタル・パレス戦について選手たちに警告。その後にはマンチェスター・シティが15年近く勝利を挙げていないアンフィールドへの遠征、リバプール戦が待ち構えていた。
引用元 : Amazon

山下部長

プレミアリーグの監督を悩ませるのが冬の過密日程です。他国のクラブは冬休みなのに、プレミアリーグは年末年始も試合をやっています・・・。カップ戦も多いことが影響していますね。

田中くん

えっ!全然休めないんですね・・・コンディション不良や怪我が増えそうです・・・

山下部長

そのとおりです。イングランドのクラブが国際大会で結果を残すためには、いかにこの冬を乗り越えるかが重要です。過密日程に向けてクラブがどのように対策するかという点がこのエピソードでは描かれていますよ!

見どころ

  • クラブが過密日程に対してどのように取り組むか
  • 未熟児として子どもが生まれた「ダビド・シルバ」についてチームがどうサポートしていくか

エピソード4「消耗戦」

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

マンチェスター・シティは4冠達成を目指し、年明け早々から過密スケジュールで試合をこなしていた。そんな中、下部リーグの対戦相手からの危険なタックルなどによりチーム内に負傷者が続出。戦力不足を補うため、マンチェスター・シティは新たな有力選手獲得に乗り出すと共に、既にいるベテラン選手のケビン・デ・ブルイネ、ニコラス・オタメンディ、フェルナンジーニョとの契約延長を果たす。
引用元 : Amazon

山下部長

どれだけ気をつけていても、サッカーに怪我はつきもの。残念ながら、戦力に数えていた選手が長期離脱をしてしまうのも珍しくありません。このエピソードでは、怪我人の穴を移籍市場でどのように補うかが描かれます。

田中くん

こう見ると、シーズンを通して活躍できる選手っていうのはすごいなぁ

見どころ

  • 各選手の怪我との向き合い方
  • 戦力不足を冬の移籍市場でどう補うか

エピソード5「ウェンブリーへの道」

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

マンチェスター・シティの主将バンサン・コンパニーは自らが負傷したにもかかわらず、チームメートを鼓舞し、仲間の絆を深めようと奮闘を続ける。グアルディオラ監督はカラバオ杯でアカデミー出身の若手選手を起用する機会を得る。元正ゴールキーパーのクラウディオ・ブラボは信頼を取り戻そうとする。
引用元 : Amazon

山下部長

エピソード5では、リーグ戦ではなくカップ戦について描かれています。過密日程を乗り切るためには、リーグ戦とカップ戦で選手を使い分けて、うまく休みを取り入れていくことが大事ですからね。

イングランドは試合数が多い
プレミアリーグのクラブはリーグ戦の他にFAカップ、EFLカップという2つの国内カップ戦を戦わければなりません。

また、昨シーズンに上位だったクラブは、ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグのどちらかの大会を戦うことになります。

マンチェスター・シティのような強豪クラブは基本的にすべてのカップ戦で勝ち進むため、リーグ戦と他3つのカップ戦を並行しており、コンディションの維持が難しいです。

そのため、カップ戦では主力を休ませて出場機会の無い選手や若手にプレーの機会を与える傾向があります。

田中くん

カップ戦では普段出場機会のない選手が起用されているみたいだね・・・大丈夫なのかな?

山下部長

出場機会がなくてもコンディションを維持するのがプロのすごいところです。

バルセロナの正ゴールキーパーとして活躍し、マンチェスター・シティに移籍してきたGKクラウディオ・ブラボはバルセロナ時代のような活躍ができずに、新加入のエデルソンに守護神の座を奪われてしまいます。

そんなブラボですが、久しぶりに出番が回ってきました。

果たして、ブラボはチームの勝利に貢献することができるのでしょうか?

見どころ

  • イングランドのカップ戦について
  • 出場機会が少ない選手のプロ意識

エピソード6「美しい試合」

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

プレミアリーグで大差をつけ首位を独走しているにもかかわらず、マンチェスター・シティは手を抜かない。グアルディオラ監督の代名詞ともいうべき攻撃的サッカーはアーセナルやチェルシー戦でも健在だ。まだ3冠達成の可能性を残しているマンチェスター・シティだが、UEFAチャンピオンズリーグの抽選会の結果、同じプレミアリーグのチーム同士で戦うことに。戦いを前に選手たちは暖かい土地で体を休める。
引用元 : Amazon

山下部長

エピソード6では、連勝している中で監督がどのようにチームのモチベーションを維持しているかが描かれています。

田中くん

確かに、物事がうまく進んでいるときって気が緩みがちだよね。

山下部長

マネジメント方法はビジネスの参考にもなると思います!

見どころ

  • グアルディオラ監督のマネジメント
  • チャンピオンズリーグでリヴァプールとの対戦

エピソード7「悪夢」

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

マンチェスター・シティはUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝でリバプールと、プレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。マンチェスター・ユナイテッドとの試合に勝てば、史上最速でのリーグ優勝が決定する。しかし両試合ともマンチェスター・シティは苦戦を強いられ、グアルディオラ監督の手腕がここにきて改めて問われることになる。
引用元 : Amazon

山下部長

エピソード7では、いよいよシーズン終盤に突入。さらに、再びマンチェスター・ダービーが繰り広げられます!

田中くん

シーズン終盤は重要な試合が増えてくるね。選手たちの疲労もピークに達しているようだよ・・・

見どころ

  • 重要な局面でのマンチェスター・ダービー
  • マンチェスター・シティが苦境をどう乗り越えるか

エピソード8「勝ち点100への挑戦」

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

マンチェスター・シティは復調を期してトットナムの本拠地に乗り込む。マンチェスターでのショッキングな敗戦をバネに、チームは快勝。先頭に立ったのはコンパニーだった。彼らはプレミアリーグの数多くの記録を破ろうとしていたが、グアルディオラ監督はチームの慢心を許さない。シティという名のバスは、リーグ史上初の偉業に向かってばく進する。そしてミッドフィールダーのシルバには、もうひとつ喜ばしい出来事が待っていた。
引用元 : Amazon

山下部長

最後のエピソードでは、マンチェスター・シティがプレミアリーグの歴史に名を刻むための戦いが描かれます。

マンチェスター・シティはリーグの最終戦に向けて、リーグ記録への挑戦に挑みます。

グアルディオラ監督は最後の最後まで選手たちを鼓舞し、長いシーズンを駆け抜けます。

見どころ

  • マンチェスター・シティのシーズン成績
  • グアルディオラ監督の細部へのこだわり

「ALL OR NOTHING」の口コミ・評判

「ALL OR NOTHING」の感想・レビュー

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

「オール・オア・ナッシング~マンチェスター・シティの進化~」を観ると、マンチェスター・シティが強い理由がよくわかります。

グアルディオラ監督は「戦術がすごい」と言われがちですが、戦術面だけではなくマネジメント能力やモチベーターとしての技術、カリスマ性なども素晴らしいです。

山下部長

監督して華やかな実績を持つにも関わらず「自分のおかげで勝てる」と思っていないのがいいですよね。

田中くん

「素晴らしい選手がいるから勝てる」という姿勢だから選手から信頼されるんだね!

山下部長

グアルディオラ監督の姿勢は部下を持つ上司には大変参考になるので、サッカーを知らないビジネスマンにもぜひ見て頂きたい作品です。

マンチェスター・シティは、2008年にUAEの投資グループに買収されて以降、豊富な資金力で力を付けてきたので「金満クラブ」と思われがちです。

しかし、その背景ではフロント、監督、選手、裏方スタッフのすべてが協力してリーグ屈指の強豪チームを作り上げていることがわかります。

山下部長

ただお金があるだけだったら、ここまで強くならないはずです!ここにサッカークラブ運営の難しさ・面白さを感じられますね。

田中くん

細かい戦術などの話はあまり出てこないので、サッカーに詳しくない人でも楽しめる作品です。ぜひ視聴してみてくださいね。

山下部長

「オール・オア・ナッシング~マンチェスター・シティの進化~」はAmazon Prime Original(Amazonプライム会員限定の動画)で見ることができます!

\TRY NOW!/

プライムビデオを試してみる

30日間無料体験あり

Amazonプライム・ビデオのレビューはこちら
【プライムビデオ レビュー】Amazonプライム・ビデオを実際に試して口コミ・評判を検証してみた!